ダイヤモンドパイソン革の原産地

 

主な原産国(county of origin)はマレーシア(Malaysia)とインドネシア(Indonesia)で、これらの国内に広大に広がる油ヤシのプランテーション(Oil palm plantations)が主な生息地(habitat)です。

 

プランテーションには、油ヤシの実を食べに来る、ダイヤモンドパイソン(diamond python)の餌となるネズミ(rat )が豊富に生息してるので、必然的にパイソンの個体数も増えていきます。

 

そこで生態系(ecosystem)の維持の目的を含めて、原産国は年間の捕獲数量(quota), それと輸出数量を決めて、商業取引(commercial transactions)をすることにより地域(municipality)経済の活性化(revitalization)に寄与しています。

 

現地では、その肉は中国料理(Chinese foods)の食材に内臓は漢方薬(Chinese medicine)に、皮(skin)は財布(wallet)、ハンドバッグ(handbag)等の皮革(leather)にと余すところ無く消費されます。 

↓パイソン肉のスープです。