ダイヤモンドパイソン革について

ダイヤモンドパイソン革

ダイヤモンドパイソン、(Diamond python)和名:アミメニシキヘビ、学術名:Python reticulatus の革は、独特の網目模様(reticu lation)が美しく規則正しいウロコの配列から、ヨーロッパ(Europe)の有名ファッションハウス(fashion house)をはじめ世界中で愛されている、牛馬羊豚(cow,horse,sheep,pig)に属さないエキゾチックレザー(exotic leather)の一つです。

 

ダイヤモンドパイソン革は、消費者(consumer)の好みによって、網目模様が出ている仕上げと網目模様を脱色(bleached)する仕上げがあります。

網目模様は人間の指紋(finger prints)同様、1匹1匹違うのでオリジナリティー(originality)ある商品を製作することができます。

網目模様のワイルド感の好きな人、網目模様を脱色して落ち着いた革を楽しみたい人、様々なニーズに答えて鞣(なめ)し染色工場(tannery)にて生産されます。

 

それとこれも消費者の好みによるところですが、皮の割き方に腹割り(Front cut)と背割り(Back cut)があります。

腹割りはお腹部分をカットするので網目 模様の綺麗な背中部分が楽しめます。

逆に背割りは背中部分をカットするので、迫力のある蛇腹部分を楽しめます。

 

ダイヤモンドパイソン革(diamond python leather)は、個性あふれるエキゾチックレザーであると共に様々な仕上げ方、割り方により色々な表現を楽しめる皮革です。